azukki的. 姉妹猫mao(黒)とmeo(銀)、保護猫ノア(黒白) 空と花と石と美しいもの。

【ノア記】天命。

f0169147_10112312.jpg


2019年1月2日4時25分。
1歳7ヶ月の天命をまっとうしたノア。
その日の午後、いっぱいの花に囲まれて旅立ちました。





元日のノアはテレビの裏に隠れたり、出てきて椅子にいたり、またテレビの裏に隠れたりを繰り返していました。
呼吸は苦しそうで、ちょっと動くと息切れしてしまうのに、椅子に登ったりテレビ台に登ったりする力がよくあったものです。
トイレにも何度か自分で行っていました。
一度も粗相はしませんでした。

夜になって、椅子の上にいたノアが立ち上がって動きあぐねているので、下に降りたいのか、降りたくないかもしれないけれど、降りようとして失敗してどこか痛めるといけないので、降ろして座布団の上に寝かせてやりました。


f0169147_10120102.jpg


meoが格子戸の近くに来て、じっと見ていました。
しばらく見て、何も言わずに離れました。

この日もノア部屋に私の布団を敷きました。
こたつの手前に布団を敷いて、枕元に座布団を置いて、こたつのまわりに猫ベッドを並べて、ノアが好きなところで寝られるようにしてやりました。
座布団に横になったもののあいかわらず呼吸が苦しそうで目を見開いたまま耐えている様子のノアを長いこと撫でてやりました。
頭を撫でてやると少し和らぐ感じで、撫でられながら頭を横たえて少し目を閉じそうにもなるのですが、ずっと私の目を見つめたままでした。

f0169147_09265548.jpg
ただただ撫でていました。
ずいぶん長いこと撫でていました。
そのうちふっとノアは頭を上げて、立ち上がって、隣の猫ベッドに移動しました。
もういいよ、って言ったみたいでした。

f0169147_09265577.jpg
ひとりになりたかったのでしょうか。
本当はテレビの裏に隠れたかったのかもしれません。
苦しいところを見られたくない猫もいますと病院の先生がおっしゃっていました。
ひとりになりたければひとりにしてあげてください、とも言われていました。
しばらくするとさらに隣の猫ベッドに移動しました。
そのままにして私も横になりました。

夜中に一度、トイレに行っていました。
日付けがかわって2時ごろ、起き上がって吐くしぐさをしていましたが、見ると何も吐いていませんでした。
そのときはこたつの向こう側、私からは見えない、トイレのそばの猫ベッドでノアは横になっていました。

4時25分ごろ。
まだ真っ暗な時間。
私は眠っていたと思います。
ノアが咳のような音を立てたのですぐにそばに行くと、口を開けてまた何度か咳のような音を立てました。
苦しくて胸を上下させて呼吸をしていたのに、もうそのとき胸は動いていなかった。
息がありませんでした。
家族を呼びました。
目を開けたままで動かないノアの目を閉じてあげながら、前足をさわると冷たくなってきているのを感じながら、家族みんなでノアのいのちの火が消えていくのを見守りました。














f0169147_09265582.jpg
やっと眠れるね、ノア。
ずっとノアを気にかけてくださっていた方の手作りの毛布で包んでやりました。
通院のときにもキャリーに敷いたり、体を覆ったりしてやっていたものです。
いただいたお守りも持たせてやりました。







その日の午後、旅立ちの儀をすませました。
翌日には娘が京都に帰る予定でした。
家族がそろっている貴重なその日をえらんでくれたかのようでした。

f0169147_09265571.jpg



f0169147_09265596.jpg




2017年9月嵐の日に道路の真ん中で目も見えず動けず、ずぶ濡れになっているところを優しい人に助けられ、縁あって我が家に来たノア(推定4ヶ月)。
「名前はまだ無い。」
「君の名は。」
「ノアや」
猫白血病ウィルスのキャリアとわかったためmaomeoとは隔離生活、ノア王国で過ごした1年3ヶ月でした。
当初は目が見えない様子だったのに、いつのまにか見えるようになっていた奇跡。
「ノアの世界」
「ノアの目のこと病気のこと」
甘えん坊食いしん坊暴れん坊のやんちゃ坊主。
ノア部屋を仕切る襖を格子戸にしたら、ダミ声で鳴いてはさかんに格子戸に登る元気いっぱいのノアでした。

2018年9月、猫白血病のウィルスをもった猫がかかりやすい悪性リンパ腫(縦隔型)と診断され、余命1週間とも言われたのが抗ガン剤治療が良く効いて寛解。
「生きろ。」
「生きる。」
「寛解。」
元気なノアに戻り、いっぱい甘えていっぱい食べていっぱい遊べる体になって、順調と思われたのに12月初め再発。
「レスキュー。」
レスキュープロトコル(別の抗ガン剤による治療)でいったん元気を取り戻したものの、ガン細胞の勢力が強く弱っていきました。
「元気。」
「元気。なのに。」
「見守る。」

クリスマス頃からは食べられず、水も飲めなくなっていました。
しだいに息もあらくなり、苦くて眠れない様子でした。
病院では「きびしい状況」と言われ、いつお別れが来てもおかしくないと覚悟しました。
「外は雪。」
「年越し。」
そんな状態でも最後の日までひとりでトイレに行き、お気に入りの椅子に登り、ノア、本当に頑張りました。
私がお正月休みに入ってからは、何よりもノアを最優先にして心おきなくノアと過ごす時間が持てました。
娘も帰省して、家族そろってノアを見守ることができました。
そして娘が帰ってしまう前日に旅立つなんて。
タイミングをはかったとしか思えない巡り合わせ。
「お別れ。」

1歳7ヶ月と時間で考えれば短いいのちでしたが、密度濃く生きた、幸せだったと信じます。
リンパ腫と診断されてから3ヶ月のいのちを延ばしてくださった病院の先生や「ノアちゃん」と呼んで可愛がってくださったスタッフの皆さんにはただただ感謝です。
当ブログやSNSなどで心配し、励まし、祈り続けてくださった皆様にも心から感謝します。
たくさんの人の心に生きたノアは、そのいのちの何倍も生きていた気がします。






ちょっと馬鹿馬鹿しいと思われるようなことを書きます。
読んで笑ってくださってもかまいません。

ノアとお別れをした夜、真夜中過ぎに目がさめてあれこれ思い出すと眠れず、でもいつのまにかまた寝入っていて夢を見ました。
どういう場所かわからないけれど舞台にいた男の人がひな壇のようになった観客席の最後列にいる私のところにまっすぐに来て「こんなにきれいな目をした人は見たことがない、好きになりました」と言うんです。
顔立ちのはっきりとした、手足が長くほっそりとした、明るく快活な青年でした。
そのあとなぜか石拾いに行き、錦の織物のような、今まで拾ったことのないようなきれいな石をたくさん見つけました。
目がさめて、ノア、ノアだね、ノアが私のところに来てくれたんだね、ノアが特別きれいな石をプレゼントしてくれたんだね、と思ったらベッドの中で涙がとまらなくなりました。

その日ノアを旅立たせてほっとして帰宅して、録画がたまっていたテレビ番組の中の「菅田将暉TV」を少し見たんです。
ノアを勝手に「猫界の菅田将暉」などと呼んでいたことなどそのときは全く頭になく全く無意識にその番組を選んで見たのです。
菅田将暉くんがアメリカのシチュエーションコメディに挑戦するというもの。
その舞台と観客席が夢にスライドしたのかもしれません。
そういえば夢の青年は菅田将暉くんに似ていた。

ノア、ノアだね。
もっとああしてやればよかった、こうしてやればよかったと考えれば考えるほど胸をかきむしりたくなってしまう私に「好きだよ、ありがとう」って言ってくれたような気がして。
ありがとう、ノア、
我が家に来てくれてありがとう、ノア。

単なる願望が見せた夢といえばそれまでですが、ノアを見送るときにも滲むくらいだった涙があとからあとから出てきて、ノアが「泣いていいよ」と言ってくれたようでもありました。
泣くっていいですね。

ちなみに私の目は全然特にきれいじゃないです。






f0169147_09265537.jpg
リビングの飾り棚(書棚)の猫コーナーにノアも仲間入り。
maomeoもいて、さびしくないね。
ガラスの扉がついているので、リアルmaomeoにいたずらされる心配なく花も飾れます。
リアルmaomeoは花を飾ると食べてしまうので。




「ノア記」はこれでおしまいになると思います。
これからはまたmaomeoと、空と花と石のブログでゆるゆるやっていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。




なお、この記事でリンクした以外のノア関係の記事はタグ「ノア記」で見られますので、よかったらごらんください。
下の「ノア記」タグをクリックしても見られます。












Commented by omosally6047 at 2019-01-04 18:19
こんばんは。
azukkiさん、昨日も書いたような気がしますが本当にお疲れさまでした。
あまり長々とコメント書いてしまうと煩わしくなるかも、ですので
手短に。。。
ノアちゃん、苦しみから解放された穏やかな顔をしていますね。
1年7ヶ月の生涯、azukkiさんと共に過ごせて本当に良かったです。
大切な写真がたくさん残りましたね。
自分のことに置き換えて、サリーと過ごした日々、レアと暮らしている
今をもっと大切にしていきたいと思いました。
とても大切な時間を見せて下さってありがとうございました。
Commented at 2019-01-04 21:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by azukki_bio at 2019-01-05 17:29
Omoさん 
苦しみから解放された穏やかな顔、そんなふうに見えていたら嬉しいです。
安らかに旅立てたと思います。
maomeoは元気でそこにいてあたりまえのような存在なのですが、それがとてもありがたいことなのですよね。
ずっと見守ってくださってありがとうございました。
いっぱい愛して生きましょう。
Commented by azukki_bio at 2019-01-07 06:48
鍵コメiさま
iさまのブログの方へ、お返事いたしますね。
Commented at 2019-01-07 15:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by azukki_bio at 2019-01-07 16:22
鍵コメさま
申し訳ありません、訂正してあらためてブログの方へお知らせいたしますね。
Commented at 2019-01-07 20:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-01-08 15:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-01-09 20:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-01-11 12:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by azukki_bio | 2019-01-04 14:41 | | Comments(10)