azukki的. 姉妹猫mao(黒)とmeo(銀)、保護猫ノア(黒白) 空と花と石と美しいもの。

愛媛旅2018 伊丹十三記念館


f0169147_14513654.jpg
(伊丹十三記念館中庭)




松山に行ったら是非行きたいと思っていた伊丹十三記念館
愛媛2日目もお天気は最高でした。


f0169147_15032583.jpg



f0169147_15005947.jpg



f0169147_14504876.jpg

f0169147_14504884.jpg



f0169147_14504772.jpg





f0169147_14505641.jpg
f0169147_14541629.jpg



f0169147_15032531.jpg
常設展は撮影自由。
伊丹さんが迎えてくれます。
(ああピンボケ!)



展示は「十三」氏の名にちなんで13のパートに分かれています。
最初の幼少〜青年期のパートでまずびっくり。


f0169147_14504955.jpg
f0169147_14504865.jpg
野菜の絵(小学校1年生)
水練の絵(小学校3年生)



f0169147_14504866.jpg
日記(小学校3年生)




f0169147_14504892.jpg
昆虫観察ノート(小学校6年生)

いやはや、早熟。
子供の頃からすでにタダモノではありません。

展示はこのあと「音楽愛好家」「商業デザイナー」「俳優」「エッセイスト」「イラストレーター」「料理通」「乗り物マニア」「テレビマン」「猫好き」『精神分析啓蒙家」「CM作家」「映画監督」と多岐にわたり氏の多才ぶりをたっぷりと見せてくれます。
どれもこれも生半可じゃなく十三テイスト。
あらためてすごい人だったなあと思う。



あ、「猫好き」パートは撮らずにいられませんでした。

f0169147_14504953.jpg
f0169147_14513576.jpg
f0169147_14513561.jpg

f0169147_14513512.jpg






展示を見終わると中庭へ。
桂の木が気持ちいい木陰を作っています。


f0169147_14513695.jpg

ベンチにすわってボーーッと、展示を見るのと同じくらいの時間を過ごしたかもしれない。
建物の設計は中村好文氏。
庭の設計は中谷耿一郎氏。
(おふたりとも好きなので居心地よいに決まってます。)


f0169147_14513629.jpg
f0169147_14513688.jpg



内も外も、空気も地面も、
どこもかしこも伊丹さんの好きなもの心地よいものだけでできているような、そんな空間でした。




(2018.5.21)


by azukki_bio | 2018-06-06 18:42 | 愛媛 | Comments(0)