azukki的. 姉妹猫mao(黒)とmeo(銀)、保護猫ノア(黒白) 空と花と石と美しいもの。

気になる須田帆布

自分のブログ一日目を読み返したら、マクロビオティックのことばかりでなく、暮らしのいろいろもつづるブログなのでした(笑)。
とにかくマクロビオティックのことを書きたくて(何しろたまっていたもので・・・)、1ヶ月くらいマクロ攻めになってしまいました。

今日は目先をかえて、私のお気に入りバッグを紹介。
f0169147_13383869.jpg

マクロビオティックを始めたころから、だんだん自然素材のものを身につけたいなあ、と思うようになりました。着るものも持ちものも。
使っていたかごバッグがこわれて、新しいバッグがほしいと思ったとき、革のものでなく布製がいいなあと思い、選んだのが「須田帆布」のバッグ。
いつか赤瀬川源平さんのエッセイで見て、ずっと気になっていたメーカーでした。
赤瀬川氏のおすすめは「バイオ加工トート」でしたが、迷いに迷って、「ループトート」(左)を購入。ポケットがたくさんあり、とっても使いやすいです。
縫製がとても丁寧で、細部にわたるまできれいなのです。毎日愛用中。

右のトートは「がんがんトート」、息子のものです。
高校生になると教科書・参考書・辞書と荷物が多いだろう、と思い、たくさん荷物が入って丈夫なバッグは?やっぱり「須田帆布」でしょ、と入学祝いに買ってやりました。
色は男の子だからカーキかな、と思ったけど、本人がベージュを選びました。
ほんとに「がんがん」使えそうなバッグですが、息子は教科書類は全部学校に置いてくるので(つまり家では勉強しない・・・)バッグに入っているのはお弁当と水筒とペンケースと楽譜だけ(合唱部なので)という日がほとんど、なのでした・・・。

バッグの色、同じベージュですが、私の方は1年近くたつので少し色が濃くなってきました。
バッグを買うと、バッグとは違う色の帆布製のポーチがおまけでついてきます。これがまた丁寧な作りで感動ものです。通帳入れとして、バッグに入れてこれも愛用中。

ちなみに「バイオ加工トート」もやっぱりほしくて、「えいっ」とブラウンを買っちゃったのでした。バイオ加工の帆布の風合い・色合いがとても好きです。
持ってるだけでうれしいバッグ。よりカジュアルなおでかけ用に。

「須田帆布」、新製品が出るとついほしくなってしまう・・・いつも気になるお店です。
by azukki_bio | 2008-06-17 15:58 | モノ語り | Comments(0)