azukki的. 姉妹猫mao(黒)とmeo(銀)、保護猫ノア(黒白) 空と花と石と美しいもの。

2017年11月の京都 伏見寺田屋十石舟


f0169147_21331724.jpg
(寺田屋前からの眺め)



龍馬つながりで、前から来てみたかった伏見へ。




f0169147_21331409.jpg


寺田屋詣で。
(寺田屋は坂本龍馬が伏見奉行の捕り方に襲撃された場所です。)

f0169147_21331596.jpg
f0169147_21331526.jpg
f0169147_21331661.jpg
f0169147_21331759.jpg
f0169147_21331639.jpg
f0169147_21331723.jpg
f0169147_21331876.jpg
f0169147_21331828.jpg

刀痕?
龍馬の妻となるおりょうさんが捕り方の襲来を龍馬に知らせるため裸のまま駆け上がったと言われる階段?
マジ?

寺田屋の中はひたすら龍馬関係の史料や作品で埋め尽くされていました。






水運の要所だった伏見。
十石舟に乗ってみることに。

f0169147_21363670.jpg



桜並木の気持ちのよい水辺。
春の桜の季節は、写真を撮る人で橋の上が鈴なりだとか。


f0169147_21363711.jpg
f0169147_21363739.jpg



f0169147_21363767.jpg


水の街伏見は酒どころでもあります。
月桂冠の酒蔵がいい風情。

f0169147_21363886.jpg
f0169147_21363873.jpg
f0169147_21363983.jpg
f0169147_21363921.jpg
f0169147_21363947.jpg
f0169147_21363908.jpg


f0169147_21373803.jpg

宇治川と濠川の水位の高低差を調整して舟が行き来できるようにするための三栖閘門(みすこうもん)。
現在は使われていませんが、歴史的土木遺産としてのみ、残されています。


f0169147_21373927.jpg
f0169147_21374074.jpg
f0169147_21373915.jpg
f0169147_21373939.jpg
むこうに見えるのが宇治川。
十石舟が通ってきた濠川にくらべると確かに水位が低かったです。



f0169147_21400820.jpg



舟を降りて、月桂冠記念館へ。

f0169147_21384901.jpg
f0169147_21374067.jpg
f0169147_21374035.jpg
f0169147_21374138.jpg
f0169147_21374153.jpg

入館料300円で3種類のお酒の試飲ができて、さらに純米酒のおみやげがつきます!
月桂冠、好きになった(笑)

f0169147_21384993.jpg



その名も「龍馬通り」へ。
f0169147_21385018.jpg
f0169147_21385080.jpg
f0169147_21385162.jpg
f0169147_21385134.jpg
呉服屋さんの七五三モデルは「りょうまくん」と「おりょうちゃん」。





公園には龍馬とおりょうの像が。
f0169147_21385272.jpg
f0169147_21385321.jpg
なんか、龍馬、顔が違うような... (笑)




伏見ネコ歩き。
f0169147_21385397.jpg
f0169147_21400160.jpg

釣り人のそばでじっと待つ猫たち、なのでした。

水と酒の町、伏見。
よいとこです。






by azukki_bio | 2017-11-16 21:43 | 京都 | Comments(0)