azukki的. 姉妹猫mao(黒)とmeo(銀)、保護猫ノア(黒白) 空と花と石と美しいもの。

温泉津温泉(ゆのつおんせん)


f0169147_21011634.jpg


最近ひそかに温泉にハマっておりまして、先日は温泉津温泉まで行ってきました。
「温泉津温泉」と書いて「ゆのつおんせん」と読みます。

温泉津とは温泉のある港の意。
石見銀山の銀の積み出し港として栄えた町です。

温泉街というと歓楽街のイメージがありますが、ここは驚くほど静かな、鄙びた町並み。


f0169147_20495418.jpg
f0169147_20495407.jpg
f0169147_20495194.jpg
f0169147_20495261.jpg
f0169147_20495328.jpg
f0169147_20495341.jpg
f0169147_20495381.jpg


誰もいない瞬間を狙って撮っているわけではなく、本当に、人がほとんど歩いていないんです。
春休みの日曜日の昼間なんですが。



日帰り入浴できる公衆浴場が2つあります。

ひとつは、1300年の歴史があるという「元湯」

f0169147_20495299.jpg

もうひとつは、島根で唯一、全国にわずか12箇所しかない最高評価の「オール5」で認定されたという「薬師湯」
f0169147_20503797.jpg

調べると、「元湯」はかなり湯が熱いとわかり、熱いのが苦手な私は「薬師湯」に入ってみることに。


f0169147_20511006.jpg
f0169147_20503826.jpg

入る前に、番台のおねえさん(といってもたぶん私よりお若い)に、少し浸かっては出て休み、少し浸かっては出て休み、を繰り返してください、長湯をすると湯あたりすることがあるので、と言われました。

脱衣所にも注意書きがありました。

f0169147_20503787.jpg

f0169147_20510910.jpg

浴槽のまわりの湯の花がすごい。
入ってみたら、けっこう熱い!
そんなに長くは入っていられません。

短時間で3回くらい入ったり出たり。
それでもじんじんあたたまりました。
こんな温泉は初めてです。



薬師湯のテラスから。
f0169147_20503770.jpg



隣の震湯ギャラリーに入ってみました。

f0169147_20495220.jpg

f0169147_20495323.jpg
f0169147_20503867.jpg
f0169147_20503825.jpg
f0169147_20503822.jpg
f0169147_20503873.jpg


ここが源泉だそう。
f0169147_20503955.jpg
f0169147_20512533.jpg


路地好きなので、あちこち歩いてみました。
ほとんど人の気配がありません。
時がとまったような町。




温泉津の町並みから少しはずれたところにある沖泊(おきどまり)へ行ってみました。

f0169147_20511084.jpg
石見銀山を毛利氏が支配した16世紀後半、銀の積み出しと石見銀山への物資補給が行われた港です。
ここも、時がとまったような...

f0169147_20511235.jpg
f0169147_20511136.jpg

映画のロケ地になりそうな古びたたたずまい。



恵比須神社。
f0169147_20511190.jpg

火除けの神様を祀ってありました。
f0169147_20511223.jpg
相当古いものでしょう、お顔がなくなっています。



f0169147_21045112.jpg
温泉津の港よりも多くの船舶が係留していたという記録が残っているそうです。
今は、本当に、静か。
ここへ来るには、車が行き違えないような狭いトンネルを抜けるので、注意が必要です。
集落に入ってみたいので、またいつか訪ねよう...








by azukki_bio | 2017-04-07 20:49 | 出かける | Comments(0)