azukki的. 姉妹猫mao(黒)とmeo(銀)のいる暮らし...空と花と猫と美しいもの美味しいもの

いちめんの...


晴れた日の朝は、仕事に行く途中こんな風景が見られます。
f0169147_179114.jpg

「いちめんのたんぽぽ」





「野辺へ出て参りますと春先のことで
空には雲雀がピーチクパーチクピーチクパーチク
下には蓮華タンポポの花盛り
陽炎がこう燃え立ちまして
遠山にはすうっと霞の帯を引いたよう
麦が青々と伸びて菜種の花が彩っていようかという本陽気
やかましゅう言うてやって参ります
その道中の陽気なこと。」
(落語「愛宕山」より)

去年の10月から先月までの半年間、NHK朝ドラ「ちりとてちん」(2007年放送)が再放送されていました。
その中でモチーフとして何度も出てきた、この「愛宕山」の一節。
その時によってさまざまな意味を持ち、繰り返されるごとに幾重にも重なる記憶、思い。
たんぽぽがこのドラマにとっての重要なファクターであったことも合わせて、きっと、これから先、こんな風景を目にしたならば、すぐさまこの一節が甦り、ドラマのあのシーン、このシーンが鮮やかに浮かぶに違いありません。
「その道中の陽気なこと!」

それにしても見事な脚本でした。
最初から最後まで、きっちりと組み合わされていくパズルのように一分の隙も一片の欠けもない。
すべてのシーンすべての台詞に意味があり全編を通して呼応し合っていて、全部見終わったあとで最初から見直したくなる。
そう、よくできた落語のように、これは何度でも観たい、後世に語り継ぎたい、伝統芸能のようなドラマなのでした。
脚本を書いたのは藤本有紀さん。
後に大河ドラマ「平清盛」(2012年)を書いた人です。








そして、今日は、こんな風景に出会いました。
f0169147_1793853.jpg

「いちめんのなのはな」

今日はやわらかい雨が降っていました。
暦の上では昨日が穀雨でしたが、まさに大地を潤し穀物の成長を促す恵みの雨でした。
Commented by はるこ at 2014-05-03 01:45 x
黄色!
一面黄色ってホッとします、、
何故だろう、、
by azukki_bio | 2014-04-21 17:10 | 季節を撮る | Comments(1)